目標管理のメリット

従業員のやる気を引き出しやすい

漠然と仕事に取り組み続けるよりも、何らかの目標があった方がやる気を引き出しやすく、業績も向上しやすくなります。また、目標を定めることでどう行動すればよいのかがより明確になり、従業員の一人一人が行動しやすくなる一面もあるでしょう。もちろん、ここでの目標というのは企業に利益をもたらすものなので、会社にとっても従業員にとっても実りのある目標設定となるのです。また、コツコツと目標に向かって取り組んだり、新しく目標を設定することで、自主性を育てることにもつながるでしょう。上司や周囲による指示に従うだけではなく、自分で考えながら行動し結果につなげられる従業員の育成、そうした側面も目標管理のメリットなのです。

コミュニケーション能力や様々な能力を引き出せる

従業員の全員が本来のポテンシャルを発揮しているかどうかは、難しいところでしょう。コミュニケーション能力や業務遂行能力、管理者にも能力がそれぞれ求められます。そうしたポテンシャルを目標を達成するごとに引き出すことで、一人一人の能力向上にもつながるのです。特にコミュニケーション能力に関しては、チームや周囲の力を借りながら目標を達成する過程で必要になる能力のため、いや応にも鍛えられていくでしょう。その過程で一体感が生まれることもありますし、全員が目標に向かって一丸となり活躍できる環境を整えられるのです。注意点としては、達成することがあまりにハードルが高いと、逆にやる気を失わせてしまいかねないため、達成可能な範囲で目標を設定しましょう。