人事労務管理の概要

人と関わる仕事が人事労務管理です

人事というと人材を採用して各部署に配属するのが仕事と思われがちですが、実際には会社の中心となる重要な仕事です。なぜなら会社で働く人材の働き方すべてに関わってくるからです。どんな人物を採用して、どういう仕事を任せるかという基本は大事な仕事のひとつです。ここで良い人材を確保出来れば、その後の仕事がスムーズに進むからです。採用が上手くいったら、次はその人材が正しい知識を身に付け、活躍できるようにサポートする必要があります。各種の研修を行い仕事への理解を深めてもらうのは大事な仕事です。また、何か問題が起きたときにカウンセリングなどで相談に乗ったり、問題が起きないように事前に面談などでサポートに入ることも人事労務管理の仕事です。

世の中の流れに合わせて人事労務管理も変化します

働き方改革やワークライフバランスの考えが浸透しつつあることで、人事労務管理の仕事も変わってきています。人材採用して、給与を払えばOKという時代ではなくなってきています。働き方も多様化し働く人の意識もどんどん変わりますから、それに合わせて会社もより良い方法を選択し、リスク管理をしていく必要があります。その際に中心となるのが人事労務管理です。どんなに優秀な人材を得たとしても、その人がすぐ辞めてしまうようでは会社の成長は見込めません。働き方で無理を押し付けていないか、労働基準法に違反していないかなどのチェック項目は多岐に渡ります。しかし、ここを疎かにすると会社の存続に関わりますので、常に働く人の目線での考え方が必要です。